住宅の外壁塗装と震災

ん。らです。震災を教訓に屋根が重い家の倒壊が多いことを認識したということはすでに述べました。に変えるということです。そこで今私たちが考えなければならないことは頭でっかちの重い屋根をいち早く、軽い屋根どんなに立派な家でも屋根が重いということは地震の時に下の構造物が破壊されやすいとまた家が古いということは場合によっては土台が腐っている可能性があります。加えて一階と二階の部分の通し柱がないとか継ぎ目が弱いということが考えられます。白蟻などが発生している場合も十分あります。また一階建てを二階建てに改造したような場合そのような多くの古い家が持つ弱点というものをいかに改善するかそして改造するかとように重い屋根すなわち瓦屋根でその下に台風避けのための土を塗っているような屋いうことを考えますと何としても上にのっている屋根を軽くしなければなりません。いうのは当然のことです。まして古い家筋かいも入っていないような弱い家の場合はなおさそこでその屋根をまずはがし士を取ってコロニァルの屋根に変えましょう。そうするこの影響というものは大変軽微になってくるわけです。とによって屋根の重さは三分の一になります。そうしますと下の構造物に及ぼす地震の揺れもちろん下の構造物の改良・リフォームについてもこれから述べていきますがまずはとも上にのっている屋根の重さです。したがってその屋根を改良することが必要なのです。たとえば外壁塗装などあれいの一番にこの重い屋根地震が起きる場合に一番揺れを加速させ大きくするのは現在屋根の改良に要する費用というのは屋根を取り払って、新しい下地をひきそしてコ効果的なリフォームというものはないわけです。きます。それによって命が助かる地震に対して安心するということを考えますとこれ程ロニアルを張るとすると家の大きさにもよりますが大体百五十万円から二百万円かければで多くのメーカーや地元の工務店が屋根の取換え補修ということについて宣伝もしています。幾つかのメーカーから見積りを取り屋根の改造を行ってほしいと思います。